• 最終更新日:2018/08/02

【賃貸マンション】1階と2階以上の違い(比較)

良い部屋が見つかったけど「1階」ってどうなのだろう・・・。

部屋を借りるなら「2階以上」が良いって聞いたけど本当だろうか・・・。

この記事では、そんな疑問にお答えするために「1階」「2階以上」それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

賃貸マンションの1階に住むメリットとデメリット

まずは、賃貸マンションの「1階」に住むメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

「1階」の部屋を選ぶメリットは、次の4つです。

1、家賃が安い

通常、賃貸マンションでは部屋の広さや間取りが全く同じでも、上の階のほうが家賃が高い傾向があります。

逆に言えば、1階は家賃が安いということ。

「すごく立地が良い部屋を見つけたけど、少し家賃が高い・・・。」

そんなときは、1階部分を選ぶことで家賃を抑えることができるかもしれません。

2、エレベーターを使わなくていい

1階に住んでいれば、エレベーターや階段を使う必要がありません。

これにより、

  • 通勤・通学時間帯のエレベーター渋滞に巻き込まれない
  • 気軽に外出しやすく、重たい荷物やゴミ出しも楽
  • 災害が発生したときに避難しやすい

など、様々なメリットを受けることができます。

3、下階に気を遣わなくていい

マンションのトラブルで一番多いのが「騒音」です。

特に足音や椅子を引く音などは、下階に響きやすくご近所トラブルの元になります。

「下に音が響くのでは?」と下階を気遣うことなく、のびのびと生活できます。

特に走り回る年頃のお子さんがいるのであれば、1階の部屋を検討するのもいいかもしれません。

4、庭付きの部屋が多い

1階の部屋には、バルコニーではなく、広めの”専用庭”が付いていることがあります。

マンションによっては使用制限がつけられていることもあるが、ガーデニングや家庭菜園をしたり、椅子やテーブルを置いたり、自分好みに使うこともできます。

なんといっても、家にいながら外の開放感を味わえるのは大きなメリットでしょう。

デメリット

「1階」の部屋を選ぶデメリットは、次の5つです。

1、日当たりや風通しが悪いことが多い

1階の部屋は、周りの建物の日陰になりやすく、日当たりや風通しが悪い傾向があります。

これにより、

  • 部屋が暗く、昼間でも電気をつける必要がある
  • 湿気がこもりやすく、結露やカビが発生しやすい

などのデメリットが発生します。

2、虫が出やすい

1階の部屋は、マンションの中でも一番地表に近いため、虫(蚊、ゴキブリ、ムカデなど)が発生しやすい傾向があります。

実際、マイナビ賃貸が「家の階数」と「1年でゴキブリに遭遇する回数」の関係についてアンケートした結果によると、

1階は年6階以上ゴキブリと遭遇する確立が12%とかなり高くなっています。

【注意】ゴキブリが出やすいマンションの特徴

2017.08.17

3、防犯・セキュリティ面に心配がある

一般的にマンションの1階というのは、空き巣に狙われやすい傾向があります。

ただ、1階であっても、

  • 防犯カメラ
  • オートロック
  • 玄関の2重ロック
  • テレビモニター付きインターホン
  • 管理人常駐

などの防犯対策が施されていれば、被害を受ける可能性は低くなります。

防犯面に関しては、どんなマンション、階数も安心してはいけません。

空き巣被害で最も多いのは、無施錠(鍵がかかっていない)の部屋です。

中には、油断している高層階の住人ばかりを狙う空き巣もいますので、毎回、確実に施錠することから心がけましょう。

4、人目が気になりやすい

1階に住んでいると、マンションによっては、窓のカーテンを開けるだけで「外を歩いている人と目が合う」なんてことがあります。

そうでなくても、外部との距離が近い分、外からの視線が気になりやすいです。

5、上から洗濯物などが落下してくることがある

専用庭があるメリットと引き換えとして、洗濯物などが落ちてくることがあるようです。

ネット上の書き込みを見ると、

  • 洗濯バサミ
  • ハンガー
  • 子供の玩具
  • タバコの吸殻
  • ゴミ

などなど、そこまで頻度は高くないようですが、様々なものが落ちてくると報告がありました。

賃貸マンションの2階以上に住むメリットとデメリット

続いて、賃貸マンションの「2階以上」に住むメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

「2階以上」の部屋を選ぶメリットは、次の4つです。

1、日当たりや風通しが良い

2階以上は、周りの建物の日陰になりにくく、日当たりや風通しが良い傾向があります。

メリットとしては、

  • 部屋が明るい
  • 洗濯物が乾きやすい
  • 湿気がこもりにくい(カビが発生しにくい)
  • 冬でも日中は暖かくなりやすい

などがあげられます。

ただし、「2階以上」や「南向き」であっても日当たりが悪いケースもあるので気をつけたいところです。

「南向き」なのに薄暗い?都市部で注意、意外な落とし穴とは

2、虫が発生しにくい

1階のデメリットにもありましたが、基本的には上の階に行けば行くほど、虫の出現率が低くなります。

「どうしても虫が苦手!」という方は、できるだけ上の階に住んだほうが良いでしょう。

3、眺望が良い

「窓からの眺めが良い」というのは、多くの人にとって憧れではないでしょうか?

眺望が良いことで

  • 美しい夜景
  • 季節の移り変わり
  • 夏の花火大会

など、自宅にいながら楽しむことができます。

デメリット

「2階以上」の部屋を選ぶデメリットは、次の2つです。

1、家賃が高い

2階以上の部屋の最大のデメリットは、家賃が高くなってしまうことです。

中には、全く同じ部屋でも「階数が違う」という理由だけで、家賃が5,000円以上も違うことがあります。

  • 1年間で60,000円
  • 2年間で120,000円

と長く住めば住むほど、住居費に大きな差がついてしまいます。

また、業者によっては引越し費用が「2階以上」という理由で割増されるケースもあります。

2、階段の上り下りが大変

マンションによっては、エレベーターがないことがあります。

荷物が多いときや体調がすぐれないときは、階段の上り下りはなかなかつらいものです。

また、エレベーターがあったとしても、地震などの災害時は、復旧するまでの間使うことができず、不便を感じます。

賃貸マンションの1階と2階以上の比較まとめ

最後に「1階」と「2階以上」の部屋を項目ごとに比較してみました。

項目 1階 2階以上
家賃の安さ ×
外出のしやすさ ×
日当たり・風通しの良さ ×
防犯性の高さ ×
眺めの良さ ×
虫の出にくさ ×
騒音トラブルの繋がりにくさ ×
専用庭
(※物件による)
×

「2階以上」の部屋は、確かに人気が高い条件ですが、その分、家賃が上がってしまうのも事実。

2階以上にこだわるあまり、立地や設備条件が良い物件を見逃すこともあります。

この記事を参考に「2階以上でなくてはならないのか」考えてみてはいかがでしょうか?

「バス・トイレ別」の賃貸物件ってどうなの?メリットとデメリットまとめ

2017.01.23

洗濯機置き場が室外(ベランダ・玄関前)ってどうなの?~家賃が安い理由~

2017.01.08

独立洗面台があるメリットとデメリット~家賃が安い理由~

2017.01.07

コンロ2口以上のキッチンって一人暮らしで必要?

2017.02.05
The following two tabs change content below.
フクマネ不動産 編集部

フクマネ不動産 編集部

この記事は、株式会社 大坂不動産事務所が運営するフクマネ不動産の編集部が書きました。不動産に関するお問い合わせなどは、無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸物件探し・不動産売買ならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

お役立ちまとめ記事

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@