• 2017-2-19

賃貸の契約期間が2年の理由とは?

賃貸マンションを借りるときは、大家さんと賃貸借契約を交わしますが、このとき、契約期間が「2年」となっているケースが多いかと思います。

では、なぜ、賃貸の契約期間は、2年が多いのでしょうか?

1年や3年、5年、10年でも良いような気がしますが、何か特別な理由でもあるのでしょうか?

賃貸の契約期間が2年の理由

先に結論をいうと、この”2年”という期間は、法令や規約で定められている訳ではありません。

日本古くからの慣習により、このような契約期間になっているようです。

そのため、契約期間は2年が絶対というわけではなく、中には契約期間が”2年以外”の賃貸マンションも存在します。

ただし、「1年未満の賃貸借契約を結んだ場合は、期間の定めのない契約とみなされる」と借地借家法第二十九条で定められています。

(建物賃貸借の期間)
第二十九条  期間を一年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす。

2  民法第六百四条 の規定は、建物の賃貸借については、適用しない。

出典:借地借家法第二十九条

※一般的な賃貸借契約である「普通借家契約」の場合

つまり、契約期間を3ヶ月や6ヶ月など”1年未満”にすると、「期間の定めのない契約」=「更新がない契約」となっていまいます。

契約の更新がなければ、更新料(地域や物件によって有無が異なります。)という名目でお金を徴収できなくなったり、賃料の値上げ交渉をする機会も少なくなります。

したがって、1年未満の契約はよっぽど特殊な事情がない限りは、結びません。

契約期間が2年になった理由は、はっきり分かりませんが、

  • 1年未満の契約は、法的に厳しい
  • 契約期間が3年、5年になれば、その間に引っ越しする可能性が高くなる(更新期間を設けている意味がなくなる)
  • 2年経過すれば周辺環境が大きく変わっている可能性がある(家賃の見直しなどの必要が生じる)

などの理由から、短すぎず、長すぎない”2年”でいったん契約に区切りをつけるようになったのではないでしょうか?

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸物件探し・不動産売買ならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@