• 2017-8-25

【賃貸契約】アリバイ会社とは?仕組み・危険性を徹底解説

突然ですが、アリバイ会社ってご存知ですか?

アリバイ会社とは、社会的地位(収入、勤務先、雇用形態など)を偽装してくれる会社です。

現在、日本では、多くのアリバイ会社が存在しており、

  • 賃貸物件の契約
  • 金融関係の審査
  • 保育園の入園
  • 家族・恋人に本当の職業を隠したい

など、様々な場面で利用されています。

例えば、アリバイ会社を利用することで、現在無職であっても、設計事務所で正社員(年収400万円)で働いていると偽装できます。

この記事では、賃貸マンション・アパートの契約時に利用される「アリバイ会社」の仕組みや危険性を解説していきます。

アリバイ会社を利用する理由

そもそも、なぜ、部屋を借りるのに「アリバイ会社」を利用するのでしょうか?

まずは、その理由を解説したいと思います。

部屋を借りるには入居審査が必須

一度、部屋を借りたことある方なら、ご存知でしょうが、部屋を借りる際には、必ず入居審査が必要です。

いくら気に入った部屋が見つかり、家賃や初期費用を払えるとしても、入居審査に通らなければ、部屋は借りられません。

では、入居審査に通らないのは、どういったときでしょうか?

平成26年に(公財)日本賃貸住宅管理協会が「入居制限する理由」を調査したところ、次のような結果が出ています。

出典:(公財)日本賃貸住宅管理協会

入居制限する理由としては、「家賃の支払いに対する不安」が最も大きく、「住宅の使用方法に対する不安」「入居者以外の者の出入りへの不安」と続きます。

つまり、大家さんや管理会社は、

  • 安定して家賃を払っていけるか
  • 入居のルールを守ってくれるか

を気にしているということです。

そして、一般的には、次の条件に当てはまる方は、入居審査に落ちやすい傾向があります。

入居審査に落ちる人の特徴
家賃に対して、収入が見合っていない(収入)
安定した収入を見込めない人(職業・勤務先・雇用形態)
連帯保証人が身内でない(連帯保証人)
見た目がだらしない、態度が悪い、しゃべり方が乱暴(見た目・人柄)

入居審査に通るためにアリバイ会社を使う

大家さんは、”家賃の支払い”に大きな不安を抱いています。

そのため、特に重視されることが

  • 収入
  • 職業・勤務先・雇用形態

です。

収入

収入に関しては、一般的に「1ヶ月の収入(年収÷12ヶ月)を3で割った額」が「希望の部屋の家賃」を上回っていることが条件となります。

例えば、年収300万円であれば、8.3万円(=300万円÷12ヶ月÷3)の家賃が上限です。

職業・勤務先・雇用形態

収入が十分にあったとしても、職種・勤務先・雇用形態によっては、「安定収入を見込めない」という理由で入居審査に落とされる可能性があります。

一般的には、怪我・事故を起こしやすい職種は、入居審査が通りづらい傾向があります。

雇用形態に関しても、無期雇用として雇われる「正社員」が最も入居審査に通りやすく、

「正社員」→「契約社員・派遣社員」→「会社経営者・自営業」→「アルバイト・パート」→「無職・生活保護受給者」

の順に入居審査が厳しくなっていきます。

また、「昼間逆転の生活スタイルになりやすく、近隣住民と騒音トラブルを起こしやすい」などの理由で夜の仕事・夜勤の多い仕事も大家さんに敬遠されがちです。

「理想の部屋を見つけた。でも、入居審査に落とされそう・・・。」

そんなときには、

  • 収入を増やす
  • 職業を変える

しかありませんが、現実問題、すぐにできるものではありませんし、なかなか難しいでしょう。

この問題を解決するために利用するのが、今回紹介する”アリバイ会社”になります。

アリバイ会社の仕組み

冒頭でも説明しましたが、アリバイ会社とは、社会的地位(収入、勤務先、雇用形態など)を偽装してくれる会社です。

アリバイ会社は、利用者のために会社を用意し、あたかもその会社に勤務しているかのように対応してくれます。

最近では、法人登記がされてるだけの「ペーパーカンパニー」ではなく、帝国データバンク・東京商工リサーチに登録されていたり、実際に営業している会社も存在しています。

サービス

主なサービス内容としては、

  • 偽物の証明書を発行する(給与明細・源泉徴収票、在籍証明書、内定通知書など)
  • 在籍確認の電話対応

となります。

どちらも入居審査の際に求められる可能性が高いものです。

在籍確認の電話対応では、「只今、外出しております。ご用件をお伺いします。」といった具合の対応をしてくれます。

希望であれば、本人の携帯電話に転送してもらうことも可能です。

料金

料金については、アリバイ会社によってマチマチですが、おおむね次のような料金体系となっています。

手が届かないほど高額という訳ではないようです。

初回登録料 5,000~12,000円
サービス料金 ・15日契約 3,000円
・30日契約 5,000円
・90日契約 12,000円
・180日契約 18,000~22,000円

その他、在籍会社のホームページ(スタッフ紹介欄)掲載、応答後転送サービス、逆後転送サービスなどのオプションを付けられます。

職種

偽ることのできる職種は、

  • ソフトウェア開発・WEBデザイン
  • 建築設計・デザイン
  • ネイルサロン
  • 化粧品販売
  • リフォーム業
  • 通信販売
  • 広告代理店
  • 美容関連

など様々です。

仮に現在求職中であっても、「建築設計事務所に勤めている」と偽ることができ、そこそこの年収が記載された源泉徴収票も発行してもらえます。

アリバイ会社を賃貸借契約で利用する危険性

アリバイ会社を使って入居審査を通そうとするということは、いわば大家さん・管理会社を騙すということです。

当然のことながら、身分の偽りがバレた場合は揉めます。

賃貸借契約書に「申込書に虚偽の記載がある場合には、賃貸人は契約を解除することができる」という条項があれば、入居1日目であっても退去を強く迫られることがあります。

アリバイ会社を使ったことがバレれば、明らかに大家さんを騙そうとした行為であるとして、詐欺行為を働いたとして訴えられる可能性もあります。

退去となれば、”アリバイ会社の利用料”や”引越し費用”が無駄になるだけでなく、初期費用の返金で揉める可能性もあり、お互いに時間や体力を消耗してしまいます。

例え、強制退去を免れた場合であっても、大家さんとギスギスした関係は続き、住みづらくなってしまいます。

不動産屋の中には、「この会社では入居審査に通らないから・・・」とアリバイ会社を勧めてくるところもありますが、上記のリスクを考えるとあまりオススメはできません。

一度、正直に話してみよう

不動産屋は、お客様の味方です。

大切なことは、隠し事をせず、正直に話すこと。

面と向かって言う勇気がないなら、あらかじめメールで伝えておくのも手です。

現在、求職中で仕事をしていないなど、ちょっと入居審査が厳しい条件であっても、借りられる部屋はあります。

【賃貸契約】無職でも諦めないで!入居審査は通りますよ

2017.08.26

親身な不動産屋であれば、「どのようにすれば、お気に入り物件の入居審査に通るのか」教えてくれたり、入居審査がゆるい同条件の物件を提案してくれます。

弊社でも、なんば周辺であれば、入居審査の通りやすさも把握していることはもちろん、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、直接交渉をすることも可能です。

なんば周辺で部屋探しをするなら、お気軽にご相談ください。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

他社・ポータルサイト掲載・複数物件まとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計11,890人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸マンション・アパートを探すならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@