• 最終更新日:2018/05/14

借地権の買取業者の選び方と依流の流れ【仲介と買取の違いも解説】

「借地権を急いで売却したいのに地主に買取を拒否されてしまった。第三者に売却しようにも買い手がつかない。そのような借地権でも買い取ってくれる業者はあるだろうか。」

そんな疑問に答えます。

 本文の内容

  • 難しい借地権の買取も業者に任せると安心
  • 借地権の売買を依頼するときの2種類の不動産会社
  • 借地権の買取を依頼する業者を選ぶときのポイント
  • 借地権の買取を業者に依頼するときの流れ

弊社は創業して11年、地域密着型の不動産会社として様々な相談を受けています。その中には借地権の買取に関することも多くありました。この記事では、そうした経験を踏まえてわかりやすく解説します。

1.難しい借地権の買取も業者に任せると安心

借地権は土地の所有者である地主から「土地を借りて」、建物を建てられる権利のことです。借地権には様々な制限や決まりがあるという特性上、買い手が付きにくくなっています。

さらに借地権の売却は、第三者へ売却するときには必ず、地主の許可が必要です。地主に無断で譲渡・売却してしまった場合、借地契約を解除される可能性があります。

また地主のなかには、「借地権の譲渡を承諾しなければ、無償で返還してもらえる」と思い込んでいる方もいます。すると、売却を認めずに、「更地にして返してくれ。」と強く迫ってくることもあります。

もちろんそのような法的制度はないのですが、地主の圧力に負けてそのまま返還してしまい、借地人が大きな損を受けることも多いです。

万が一承諾をもらえない場合、実際には直接地主と交渉するか、それでも難しかった場合は裁判所の申立をして「地主の承諾に代わる許可」を求めることになります。

業者の力を借りることも大切です

しかし自分の力だけでなんとかしようとして、借地人が直接地主に交渉すると、大変なだけでなく、地主の言い分に逆らえず、不利な条件を受けざるを得ないようになるでしょう。

地主とのトラブルは新しい買い手も抱えたくありません。裁判によって無理やり承諾を得たとしても、買い手としては以降その地主と付き合っていかなければならないので、余計に買い手がつきにくい状況になってしまいます。

しかし業者であれば、事業として借地権の買取を行っています。通常であれば売却しにくい地主とのトラブルを抱えていたり、ローン承諾がなかったりするような借地権でも買取を行っているところも多いです。

地主との交渉からひとまとめに業者に任せることができるので、余計な気苦労をする必要がなく安心です。

2.借地権の売買を依頼するときの2種類の不動産会社

借地権を扱っている不動産会社にも様々な種類があり、大きくは仲介業者と買取業者の2つです。

その①:仲介業者

仲介業者は借地を売却したい売り手と、その土地を買いたい買い手をつなげて、売買を成立させます。このとき、仲介業者の取り分は売買契約成立による仲介手数料です。

しかし仲介手数料は法律によって売買価格に応じた上限が定められているので、どれだけ交渉が大変だったとしても一定の仲介手数料を超えることはできません。また借地権は所有権の不動産よりも売買価格が安くなるので、仲介手数料も安くなります。

借地権の売却には買い手と売り手だけでなく、地主を含めての交渉をまとめる必要があります。ただその労力の割に報酬が見合わないということで、借地権の仲介は、その不動産会社が受けたとしても積極的に動いてくれない可能性もあります。

その②:買取業者

買取業者は会社のお金で借地権を買取り、その借地を使って運用などの事業を行います。
業者は今までにも買取実績があるからこそ、普通の人には見つけられないようなリスク・そしてメリットなどを考慮したうえで、「いくらなら購入できる」という金額を提示できます。

売り手からすれば、その買取業者の提示金額に対して「売却する」「売却しない」のどちらかを選ぶだけです。もちろん条件が合わない場合は断ることができ、プレッシャーをかけられることもないので、冷静に判断できるでしょう。

仲介による売却を依頼したのに、いつまでも売れ残るという確率は通常の不動産よりも高いです。そのような事態を避けられるのも買取のメリットの1つです。

当サイトを運営する、株式会社大阪不動産事務所でも相談を受け付けております。大阪以外の地域でも信頼できるパートナー企業さんをご紹介できますので、お気軽にご相談ください。
» 無料相談はこちら

3.借地権の買取を依頼する業者を選ぶときのポイント

借地権の取扱いは非常に難しいものです。借地権は様々な問題を抱えていることも多く、その解決方法が決まっているわけでもありません。物件や関係者、その背景の情報まで丁寧に、細かく理解しながら対応していかなければなりません。

そのため、借地権の買取を業者に依頼するときには、その業者に専門知識があることは当然として、実績が豊富で、臨機応変に問題に対応し、提案ができるかということが重要です。

そのような買取業者を見つけることがより良い条件で買い取ってもらえることにつながります。

見分け方のポイントは2つ

  • 会社のホームページやブログに借地権に関するコンテンツが充実している
  • 借地権について相談したときに、提案までしてくれる

最近はホームページに力を入れている不動産会社がほとんどなので、そこに借地権に関する記事やお知らせなどが掲載されているかチェックします。

充実した内容であれば、その会社は借地権を得意としている可能性が高いです。さらに詳しく知りたい場合はメールや電話などで問い合わせれば、ホームページには掲載されていないことも教えてもらえることが多いです。

そして実際に借地権について相談したときには、担当者を信頼できそうかどうか、借地権の知識や実績が豊富にあるかを確認します。親身に話を聞いて、質問にも嫌な顔せずわかりやすく答えてくれて、提案までしてくれる担当者であれば、安心して任せてもいいでしょう。

4.借地権の買取を業者に依頼するときの流れ

業者に依頼するときの流れは3つです。

手順①:不動産会社に相談する

候補となる不動産会社に相談を持ちかけます。最初は電話やメールなど、話を聞きやすいもので大丈夫です。このときに、ホームページやブログにも掲載されていないこと、気になっていることを伝えましょう。借地権は専門分野のため、不動産会社の担当者であれば誰でも応えられるというわけではありません。

ただし相談のときでも借地権の専門知識がある担当者につないでもらうことが大切です。

手順②:不動産会社から提案を受ける

相談のあとより具体的な話に進む場合は、担当者が役所調査・現地調査を行います。相談内容も考慮に入れて、担当者から借地権の買取に関するプランが提案されます。もちろん提案を聞いても、買取を依頼する・しないは自由です。

手順③:買取を依頼する

担当者の買取金額を含めたプランに納得できれば、実際に依頼します。借地権の買取でも地主からの承諾が必要なため、今後の流れについて詳しく打ち合わせしていきます。交渉は不動産会社が行うので、手間がかかることはありません。

正式に依頼したあとは、待つだけです。

5.まとめ

借地権は人と人の問題であることがほとんどです。
「法律ではこう決まっているから」と強情な態度を取るとトラブルに発展してしまい、余計に売却が難しくなります。地主の権利や意向などを尊重する姿勢も大切です。

そのため借地権に関する問題の解決は決して簡単ではありませんが、私たちがあなたの頼れるパートナーになれればと思っております。相談は無料で受け付けておりますので、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。
» 無料相談はこちら

The following two tabs change content below.
フクマネ不動産 編集部

フクマネ不動産 編集部

この記事は、株式会社 大坂不動産事務所が運営するフクマネ不動産の編集部が書きました。不動産に関するお問い合わせなどは、無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸物件探し・不動産売買ならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

お役立ちまとめ記事

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@