• 2017-1-6

新築物件とは?法律(品確法)・公正競争規約の基準・定義を解説

せっかくの新生活。

どうせなら、ピカピカの内装で新しい設備が整う”新築”の部屋を借りたい。

そう思う方は多いのではないでしょうか?

実際、「新築」というキーワードで賃貸マンション・アパートを探す方は多いでしょう。

では、この「新築」は、どのような定義なのでしょうか?

新築物件の定義

新築物件とは、

  1. 建物が完成してから1年未満
  2. 過去、誰も入居したことがない

上記、すべての条件を満たした物件をいいます。

このことは、

  • 品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)
  • 公正競争規約(不動産の表示に関する公正競争規約)

という2つの法律・規約で定義されています。

品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

品確法とは、消費者が良質の住まいを安心して選び、安心して住めるようにすることを目的とした法律です。

「新築の定義」に関しては、品確法第2条2項で定められています。

(定義)
第二条  この法律において「住宅」とは、人の居住の用に供する家屋又は家屋の部分(人の居住の用以外の用に供する家屋の部分との共用に供する部分を含む。)をいう。
2  この法律において「新築住宅」とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの(建設工事の完了の日から起算して一年を経過したものを除く。)をいう。

出典:住宅の品質確保の促進等に関する法律

公正競争規約(不動産の表示に関する公正競争規約)

公正競争規約とは、不動産の広告表現に関して、業界団体(不動産公正取引協議会)が設定したルールです。

法律ではありませんが、行政機関の一つである「公正取引委員会」の認定を受けています。

「新築の定義」に関しては、公正競争規約第18条1項で決められています。

(特定用語の使用基準)
第18条 事業者は、次に掲げる用語を用いて表示するときは、それぞれ当該各号に定める意義に即して使用しなければならない。
(1)新築 建築後1年未満であって、居住の用に供されたことがないものをいう。

出典:不動産の表示に関する公正競争規約

最後に

新築物件とは、「建物が完成してから1年未満」で「過去、誰も入居したことがない」の2つの条件を満たしていることが条件。

どちらか一つでも欠けたら、「新築」とは呼べません。

だから、不動産広告で築1年未満なのに”築浅物件”と紹介されていたら、「誰かが入居した後、1年未満のわずかな期間で退去したのだろう」と想像できます。

この他にも賃貸物件の広告表現に関しては、様々な決まり事があります。

気になることは、どんどん不動産屋さんに質問して、あなたの理想の部屋を見つけてください。

新築物件と築浅物件の違いって何?不動産広告の疑問

2017.01.06

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

他社・ポータルサイト掲載・複数物件まとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計11,890人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸マンション・アパートを探すならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@