• 2017-8-11

ペット可賃貸物件で爬虫類って飼えるの?

ペットと言えば、犬と猫が人気です。

だけど、中には、ヤモリ、ヘビ、トカゲ、亀、ワニなどの「爬虫類が好き」という方も多くいます。

では、ペット可賃貸物件で爬虫類を飼ってもいいのでしょうか?

法律上問題ないか確認

まず、前提として、日本では、爬虫類を自由に飼えるわけではありません。

種類によっては、法律上の”許可”が必要となるケースがあります。

具体的には、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)などで特定動物に指定された人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある爬虫類です。

  • かめ目: かみつきがめ科全種(※カミツキガメを除く。)
  • どくとかげ科:どくとかげ科全種
  • おおとかげ科:コモドオオトカゲ、ハナブトオオトカゲ
  • にしきへび科:アメジストニシキヘビ、オーストラリアヤブニシキヘビ、インドニシキヘビ、アミメニシキヘビ、アフリカニシキヘビ
  • ボア科:ボアコンストリクター、オオアナコンダ
  • なみへび科:ブームスラング属全種、ヤマカガシ属全種、タキュメニス属全種、アフリカツルヘビ属全種
  • コブラ科: コブラ科全種
  • くさりへび科:くさりへび科全種(マムシ含む)(※タイワンハブを除く。)
  • アリゲーター科:アリゲーター科全種
  • クロコダイル科:クロコダイル科全種
  • ガビアル科: ガビアル科全種

などが該当。

このような爬虫類を無許可で飼養または保管した場合は、罰則を科される可能性もあります。

また、都道府県の条例によっても多少の違いがあるので、注意したいところです。

賃貸物件で爬虫類を飼えるか以前に「お住いの地域で飼ってもいいのか」確認をしましょう。

管理会社や大家さんに確認

続いて、「賃貸物件で爬虫類を飼えるのか」についてです。

通常、賃貸物件の条件に“ペット可”とある場合は、犬や猫が想定されています。

爬虫類については、大家さんの考え方によって、「飼ってもいいかどうか」が変わってきます。

つまり、見つけた物件が「ペット可」となっていても、爬虫類を飼ってもいいかは、物件ごとに違ってきます。

これは、インターネット上の物件情報(スーモやホームズなど)では分からないので、不動産屋を介して確認してもらうしかありません。

現在、ペット可の賃貸物件に住んでいて、「これから爬虫類を飼おう」と思っている方なら、まず、賃貸借契約に「犬・猫のみ飼育可」「爬虫類を飼育してはならない」という記載がないか確認。

その上で大家さんや管理会社に爬虫類を飼ってもいいか許可をとってみましょう。

最後に

一般的にペットを飼ってもいいかどうかは、

  • 部屋を傷つけないか
  • 近隣に迷惑をかけないか

で判断されます。

爬虫類でも、水槽で飼うだけの小さな亀なら、問題ないかもしれませんが、脱走する恐れのあるものは、敬遠される可能性が高くなります。

逃げ出せば、大騒ぎになるだけでなく、外来種の場合は、生態系の破壊にもつながってしまいます。

飼う許可が取れたとしても、

  • 爬虫類に合ったゲージに入れる
  • 玄関や窓の戸締まりをする

など、対策はしっかりとする必要があります。

自分にとっては、可愛いペットでも、他人にとっては、恐怖感を与えてしまうかもしれません。

爬虫類だけでなく、ペットを飼うときは、飼い主としてしっかりと”責任感”を持ちましょう。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸物件探し・不動産売買ならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@