• 最終更新日:2018/05/14

不動産買取の流れは6ステップです【必要書類と業者選びのポイントも解説】


「急いで不動産を売却したいので、不動産買取を考えている。でも、実際に不動産を買い取ってもらうときの流れってどうなっているんだろう。」

そのような疑問に答えます。

 本文の内容

  • 不動産買取の流れ
  • 不動産買取で必要な書類と入金までの平均日数
  • 不動産買取の査定業者を選ぶときのポイント

弊社は地域密着型の不動産会社として、創業11年の実績があります。

不動産買取の実績も豊富に行ってきましたので、その視点から、不動産買取の流れだけでなく、査定業者を選ぶときのポイントについてもお伝えさせていただきます。

1.不動産買取の流れ


実際に不動産売却を考えて、不動産会社に相談を始めてから入金されるまでの流れをお伝えします。

手順①:不動産売却の相談(査定業者を選ぶ)

不動産買取でも最初は不動産会社探しから始まります。
不動産会社を探すこと、とはあなたの不動産を査定してくれる会社を探すことです。最近ではインターネット上で複数の会社に一括で査定を依頼できるサービスもありますが、近くの不動産会社に直接依頼することも可能です。

不動産を売却するときに買取を選ぶ場合は、この査定業者選びがすべてと言ってもいいすぎではありません。どの会社を選ぶかによって最終的な入金額にまで影響してきます。非常に重要なステップなので、後ほど詳しくお伝えします。

手順②:対象不動産の調査・買取金額の査定

査定してもらう不動産会社を決めたら、早速査定してもらっていいのですが、その前に事前準備としてやっておいた方がいいこともあります。

それが対象不動産の売却時の相場を調べることです。
一般的に不動産買取の場合は、仲介による不動産売却に比べて60~80%と言われています。ですが売却相場を知らなければ、査定で提示された金額が一般的な金額として妥当なのかどうかが判断できません。

売却時の相場を調べる方法は、不動産買取の相場は市場価格の60%【損しないためのポイントを解説】で解説していますので参考にしてください。

もし相場よりも低い価格で提示されたときはその理由を尋ねるようにしましょう。
不動産の売却は立地や物件の状態など、近いものはあっても同じものは1つもあります。何が原因で相場よりも安くなっているのか、を明確に答えてもらえるかが1つの判断する目安になります。

また査定のみでは売買契約は締結されていないので、金額に納得できない場合は他の会社を探すこともできます。

実際の査定では机上査定と訪問査定の2種類があります。
ただ、不動産の査定は実際の立地状況や現物を目で見ないことには正確な査定が難しいです。インターネットの一括見積では机上査定と訪問査定のどちらかを選べるようなものもありますが、基本的には訪問査定を選ぶほうがスムーズに進みます。

訪問査定では、実際の敷地の間口や奥行き、前面道路の幅などを計測して、法務局で謄本をみて権利関係を確認し、市役所で法令関係などを調べます。

そして周辺で売却された物件の金額や現在売り出し中の物件、不動産市場での取引状況などを参考にして買取ができるかどうか、そして買取が出来る場合はそのときの価格が提案されます。

※弊社でも査定を受け付けております。無料にてご対応しますので、お気軽にお問合わせください。
» お問い合わせはこちら

手順③:買取金額の決定

提示された買取価格に納得がいけば、そのまま契約を進めます。

買取金額に納得できない場合は、査定価額について交渉もできますが、交渉材料となる不動産仲介の場合での売却査定額や、周辺の相場価格、過去の似たような不動産での取引事例を集めて持っておくことが大切です。

一般的な不動産会社であれば、査定の根拠である細かい項目が書かれた査定書がもらえるのでそれを見ながら、あなたが集めた交渉材料とも比べながら、気になった点を確認するようにしましょう。

手順④:物件引き渡し条件の確認

買取金額が決定した後、実際に売却するまでのスケジュールや、それまでに用意する書類の確認、物件引渡し時の細かな条件などを打ち合わせします。

すでに家にある家具は処分する必要があるのかどうか、処分しなくていい場合でも、その処分にかかった費用はどちらが持つのかなどは明確にしておかなければ、あとから予想外の請求が来るなどトラブルのもとです。

また契約を締結するとまず手付金が支払われますが、その後の売却代金の残金がどのタイミングで入金されるかも確認します。1週間後には入金されると思っていたのに、よく確認してみると翌月末だったというようなこともありえます。

気持ちよく不動産買取を完了させるためにも、上記のような内容は事前に、必ず確認しておきましょう。

手順⑤:売買契約書の締結

物件引き渡し条件なども確認し終えたら、お互いに合意した買取価格での売買契約を締結します。契約を結ぶときには、不動産会社の担当者が契約書や契約約款などを読み上げて、契約内容の最終確認をします。

そして契約書に署名、押印して、契約書を完成させます。このとき、手付金も受け取ります。
売買契約を結んだあとにやむを得ない事情で契約解除することになったとしても、そのときは手付金の倍返しが原則となっているので、契約時に不明な点や疑問な点があれば、どんな些細なことでも確認するようにしましょう。

決済日までに必要書類を揃え、公共料金の清算や引越しの手配などを済ませます。もし住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、抵当権抹消の準備もしておく必要があります。このとき金融機関との打ち合わせも発生しますが、代わりに交渉してくれたりサポートしてくれたりする不動産会社がほとんどなので、一度相談してみてください。

手順⑥:入金、引き渡し

売買代金の残金の受取は、基本的に引渡し時です。

当日は司法書士が必要書類を確認し、売買代金の残金や固定資産税などの各種精算金を受取ります。同時に鍵やその他関係書類を渡して、不動産買取の取引は完了です。

不動産買取は、契約を結んで入金されるまで早いことが大きなメリットですが、その分必要書類の用意や引き渡しの準備などで慌ただしくなると思います。そのことも踏まえて、不動産会社と相談しながら取引を進めていきましょう。

また売却したことで税金の支払い義務が発生する場合もあるかもしれないですが、不動産会社によっては無料で相談にのってくれるところもあります。税金面が不安な場合も確認してみてください。※弊社もこの点は無料にてアドバイス可能です。

2.不動産買取で必要な書類と入金までの平均日数


不動産買取は取引にかかる時間が短いです。しかし書類に不備などがあると余計な時間がかかってしまうので、事前に確認して用意することが大切です。

項目 内容 一戸建て マンション 土地
1 身分証明書 運転免許証やパスポート等です。共有名義の不動産の場合は、全員分必要です。
2 実印 印鑑登録している印鑑です。これも共有名義の不動産の場合は、全員分必要になります。
3 印鑑証明書 引き渡し時点で発行から3ヶ月以内のものです。これも共有名義の不動産の場合は全員分必要になります。
4 権利証/登録識別情報 不動産の所有者・情報確認、所有権移転登記に使います。
5 住民票 現住所と登記上の住所が異なる場合に必要です。引き渡し時点で発行から3ヶ月以内のものです。これも共有名義の不動産の場合は全員分必要になります。
6 固定資産税納税通知書/評価証明書 固定資産税、都市計画税の税額確認に使います。
7 ローン残高証明書 住宅ローンを利用中の場合に必要です。ローン残高の証明として使います。
8 マンション管理規約、使用細則など マンションの場合に必要です。
9 土地測量図面 売却する地点がどこからどこまでか、明確にするために使います。必須ではないですが、一戸建てや土地の売買の場合には近所トラブルを避けるためにもあったほうがいいです。
10 建築確認済証・検査済証 戸建ての建築が法律に則って行われた証明として使います。必須ではないですが、一戸建てや土地の売却の場合にあった方がいいです。
11 購入時のパンフレット 物件の参考情報としてあるといいです。

※ ○は必須書類、△は該当者、もしくは任意書類、☓は不要書類。

場合によって必要書類が異なることがあるので、実際に必要な書類は買取を依頼する不動産会社の指示に従ってください。

また不動産買取で入金までにかかる平均日数についてですが、1週間~1ヶ月程度です。売却の相談を始めてそのままスムーズに話が進めば1週間程度で口座に入金されます。

具体的には、不動産の査定で現地を確認する以外にも、役所や法務局なので現在の法規制、インフラ状況なども調査して査定の要素とするので、査定が完了するまでに3日~5日程度かかります。

そのため、売買契約自体は5日程度で完了します。

その後、入金までは打ち合わせ時の条件などによっても異なりますが、必要書類などが事前に揃えられているのであれば、即日~翌日、契約後に不足していた書類を集めはじめて、諸々の手配をするとしても、1ヶ月以内には入金されるでしょう。

最初は複数の会社に不動産買取の査定を依頼する可能性を考えると、1ヶ月程度で考えておくのがいいでしょう。

3.不動産買取の査定業者を選ぶときのポイント


ポイントは3つあります。

ポイント①:話を親身に聞いてくれるか

不動産には一つとして同じものはありません。
また不動産売却を考えられている方の理由も様々です。そのため機械的に、この物件ならこの価格、となるわけではありません。

1回1回、物件の個性や売主様の事情を考えて、対応することが必須です。買取の相談で来られたとしても、しっかりと話しを聞くと、買取ではなく仲介による売却の方がいい場合もあります。

相談した不動産会社の担当者がしっかりと話しを聞いてくれて、考えを押し付けてこないか、ということは大きなチェックポイントになります。

ポイント②:どのような不動産の買取実績があるか

担当者が親身になってくれたとしても、売主様にとってはできるだけ高い価格で買い取ってもらうことでしょう。

そのときに参考になるものが買取実績です。
不動産会社によっては、一戸建てが専門、マンションが専門というように、1つの分野に特化しているところもあります。そのような会社に専門外の不動産の買取を依頼すると、非常に低い価格での査定になってしまうことが多いです。

そのため、過去にどのような不動産の買取実績があるかを教えてもらいましょう。

ポイント③:不動産のある地域に詳しいか

話を聞いてくれて、買取実績が豊富であっても、あなたが買い取ってほしい不動産がある地域のことを知らなければ、適切な査定ができません。

地域に詳しければ、どのような物件が求められているか、どのような方が不動産を買っているかということなど、多くの情報を持っています。地域に詳しいからこそ、スムーズに、適正な価格で査定することができます。

4.まとめ


不動産買取の流れはイメージできましたでしょうか。
仲介による不動産売却と違って、相談から入金までのスピードが早いことが大きな特徴です。

ただし、その買取金額については不動産会社によって差が出てきます。またインターネットでよく見かける一括査定などで高い金額があったとしても、その会社に依頼して、訪問査定となったときに、色々と言われて大きく値段が下がってしまったという話もあります。

ですので、一括査定は1つの参考情報としながら、売りたい不動産の地域について詳しくて、経験豊富な不動産会社へ直接相談することがおすすめです。

弊社は大阪で地域密着の不動産会社として11年の歴史があります。多くの地域情報を持っているので、しっかりと話しを聞かせていただき、買取だけにとらわれず、売主様の事情と状況にあった提案が可能です。また別地域にも友人の信頼できる会社がありますので、必要に応じてそちらを紹介することもできます。

ご相談は無料にて対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
» お問い合わせはこちら

今回は以上となります。
記事が参考になりましたら幸いです。

The following two tabs change content below.
フクマネ不動産 編集部

フクマネ不動産 編集部

この記事は、株式会社 大坂不動産事務所が運営するフクマネ不動産の編集部が書きました。不動産に関するお問い合わせなどは、無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。


大阪で不動産の売買をお考えなら、まずはお気軽にご相談ください

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

お役立ちまとめ記事

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@