• 最終更新日:2018/05/12

不動産買取で「5つの事例」を公開【買取に向く不動産の特徴も解説】

「不要になった不動産を買取で売却したいと思っているが、実際にどのような不動産が買取されているのか事例を知りたい。」

そんな疑問に答えます。

 本文の内容

  • 不動産買取の事例
  • 仲介では売りにくい不動産も買取なら売却できる

弊社は不動産買取も行っている地域密着型の不動産会社です。創業して11年になります。多くのとも付き合いがあり、積極的に情報収集しているので不動産買取の事例も幅広く知っています。

またお客さまからどういった不動産が買取によって売却されることも多いです。そこでこの記事では、一般的な不動産買取の事例を紹介しますので参考にしていただければ幸いです。

1.不動産買取の事例


順番に見ていきましょう。

事例1.遠方にある相続した物件

東京在住の方が不動産買取を依頼した事例です。
地元は九州でしたが、離れて暮らす母親が亡くなったことで不動産を相続することになりました。ただ地元に戻る予定もなかったため活用することはできません。放って置くと固定資産税が大きな負担になるので売却したいと考えます。

しかし仲介による売却をしようにも内覧に立ち会う余裕もなく、家財の処分も難しい状況でした。そこで現状のまま売却することができる不動産買取を選択しました。

事例2.賃貸経営中のアパート

賃貸経営中のアパートも買取することができます。
アパート経営を続けていると、建物の老朽化は避けられず、周りにどんどん新しいマンションが建設されると集客にも苦戦します。そのようなアパートは経営を続けていくのも困難な状況です。

賃貸経営のアパートは買主にとっても自由度が少ないため、買い手がつきにくいです。それでも不動産買取であれば入居者がいても売却が可能です。賃貸経営は継続されるので入居者に迷惑をかけることなく、したがって、立ち退き料などの無駄な支出を出さずに安心して売却できます。

事例3.売却に苦しんだ広大なマイホーム

広すぎる敷地というのも仲介による売却では成約しづらいです。120坪を超える敷地に一戸建てを構えていましたが、子どもの独立を機会に、小さなマンションに住み替えようと思って売却活動をしていました。

購入希望者もほとんど現れなかったのですが、近隣の方たちにも配慮して、値下げして売却活動をすることも難しい状況でした。しかし住み替えの時期が近づいてきました。このまま仲介による売却で待ち続けることも費用の負担が大きいので、買取によって売却することになりました。

事例4.高齢による財産処分

将来の遺産相続を考えての不動産買取による現金化の事例です。
所有者が高齢によって自宅に住み続けることが難しくなり、老人ホームに入居することとなりました。今後自宅に戻ってくる予定はなく、子どもたちはそれぞれ家庭を持っているので、代わりに誰かが住む予定もありません。

このまま残していても自分が亡くなった時に相続で揉めることは目に見えているので、生前に売却して現金化しておくことを決めました。仲介による売却活動も検討しましたが、手続きの手間やいつ成約するかわからないことを考えて買取での売却を選びました。

現金であれば遺産分割も簡単で、余計な争いを生むことがないので安心です。

事例5.孤独死があった事故物件

あまり考えたくはないですが、最近は親族と疎遠で一人暮らしをしている高齢の方も多いです。そのため、孤独死される方も増えていくことが予想されます。最後に紹介する買取事例は、孤独死のあった一軒家です。

発見されたときには死後1ヶ月ほど経っており、特殊掃除をしても独特の臭いは取れませんでした。当然仲介による売却では買い手がつかなかったのですが、不動産買取ではそのような事故物件にあたるものでも売却することができます。

遺品整理をしたあとも家財道具などは残りましたが、そのまま処分することなく買取で売却することができました。

2.仲介では売りにくい不動産も買取なら売却できる


紹介した5つの事例からもわかるように、不動産買取なら仲介では売りにくい物件もすぐに売却して現金化することができます。そのような物件であれば、仲介よりも買取がおすすめです。

ではなぜ不動産会社がそのような買い手がつきにくい物件でもお金を出して引き取るのかといえば、利益を出すことができるからです。

不動産会社は不動産の扱いのプロです

たとえば広大な土地であれば分割して売却するようなこともできますし、老朽化した不動産はリフォームしたり、リノベーションしたりして、付加価値をつけた物件に生まれ変わらせることができます。

また直近では値上がりしそうにないものでも、5年後に値上がりが見込めるのであれば高値で買取れるのが不動産会社です。不動産会社は資金があるので、短期間で売れないような土地でも数年単位で継続して保有し続けることができるからです。将来の需要を考えた時に土地が高騰するような立地であれば市場価格よりも安いと言われる買取でも、市場価格に近い価格での売却が実現できるでしょう。

もしご自身の物件が仲介によって売れるのかと心配だったり、半年近く売却活動を続けているのに購入希望者が全然現れなかったりするいという状況であれば、不動産買取も検討してみて下さい。

弊社でも不動産買取・仲介による売却どちらでも承っております。相談は無料対応させていただているので、「買取と仲介どちらがいいか迷っている。」というようなことでも結構です。気軽にご相談ください。

» お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.
フクマネ不動産 編集部

フクマネ不動産 編集部

この記事は、株式会社 大坂不動産事務所が運営するフクマネ不動産の編集部が書きました。不動産に関するお問い合わせなどは、無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

大阪市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計12,158人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。


大阪で不動産の売買をお考えなら、まずはお気軽にご相談ください

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@