不動産買取の完全マップ【基礎知識から高値売却のコツ網羅して解説】

不動産買取の基礎知識から、高値で売却するためのポイント、買取で売却するときの注意点までをまとめました。

『不動産買取を聞いたことがあるけど、実際のところはよく分かってない』という方のためのまとめページです。

このページで紹介した記事を読んでいくことで、不動産買取全般の知識と実際の買取の流れと買取で押さえるべきポイントまで理解できます。

不動産買取は買い叩かれる、デメリットが多いと思われることもありますが、しっかりと不動産買取について知ることで詐欺に合うことも、買い叩かれることもなくなります。そして不動産買取で満足できる売却ができるようになります。

自分にとって最善の選択をするためにも、知識は重要です。 それでは下記よりご覧ください。

 補足:記事の信頼性

弊社は不動産会社として営業を始めて11年目になります。地域密着型として多くの方からご相談をいただき、たくさんの不動産買取の実績があります。

1.不動産買取の基礎知識編:メリット・デメリットを理解し、納得して選ぶことが大切


不動産買取で満足のいく取引を実現するためには、不動産売却全般の知識が必要です。

下記の4記事を読むことで不動産買取と仲介による売却のそれぞれの特徴・メリット・デメリット、そして大手と地域密着型の不動産会社の特徴も理解できます。

不動産買取・売却に関するオススメ本5冊【知識を増やして高く売ろう】

不動産の売却を考え始めた方におすすめの本を5冊紹介します。特に不動産買取は知っているか知らないかの違いだけで、買取価格が大きく変わることも多いです。この記事ではゼロから不動産売却について知識を身につけ、高く売るための押さえるべきポイントもわかるような本を紹介しています。

>>この記事を読む


不動産の売却を考え始めた方におすすめの本を5冊紹介します。特に不動産買取は知っているか知らないかの違いだけで、買取価格が大きく変わることも多いです。この記事ではゼロから不動産売却について知識を身につけ、高く売るための押さえるべきポイントもわかるような本を紹介しています。

【不動産】買取・仲介の違いとは【比較方法や選び方を解説します】

不動産の売却には大きく買取と仲介の2種類があります。どちらの売却方法を選ぶかは売主が決められます。この記事では買取と仲介、それぞれのメリット・デメリットを紹介しているので、両方を比較してどちらがあなたの売却方法に向いているか判断できるようになります。売却方法に悩まれていればぜひご覧ください。

>>この記事を読む


不動産を売却するときには買取と仲介の2種類の方法から選びます。どちらを選ぶかは、各個人の状況によるのが実際のところです。

この記事では不動産買取と仲介による売却の2つを同時に比べてそれぞれの違いを解説してので、どちらが自分に合った売却方法なのかを理解し、選ぶことができるようになります。
 

【失敗しない】不動産買取のメリットとデメリット【業界のプロが語る】

不動産の売却で買取にしようか仲介にしようか迷っていませんか。この記事では、不動産の買取についてメリット・デメリットを詳しく解説しています。そこからどのような物件が買取に向いているのかということもお伝えしているので、不動産の売却を検討されていればぜひご覧ください。

>>この記事を読む


「不動産買取で売却しよう」と思って、本当にそれでいいのか悩んでしまうものです。この記事では不動産買取のメリット・デメリットを解説しています。

改めてメリット・デメリットを把握することで後悔のない不動産買取を実現することができるはずです。
 

不動産の買取の大手企業ランキングTOP10【地域密着とも比較する】

不動産を買取ってもらうなら大手と地域密着のどちらがいいんだろう、と悩んでいませんか。そのことを考えるポイントとなる買取再販年間販売戸数ランキングを紹介します。そして買取を依頼する不動産会社の選ぶポイントについても解説しています。もしこれから不動産を買取で売却しようと考えているのであれば一度お読みください。

>>この記事を読む


不動産買取では大手と地域密着型の不動産会社、どちらがいいんだろうと悩んでいる方向けの記事です。大手と地域密着型のそれぞれの特徴を解説しました。

また大手とはいえ、どのような会社が大手になるのかご存じない方も多いため、最初に不動産買取で大手の企業を紹介しています。

2.不動産買取の実取引編:価格査定から売却完了、取引事例まで


不動産買取の価格査定の仕組み、実取引の流れ、費用の支払いについてそれぞれ理解を深めましょう。

事前に理解しておくことでスムーズに買取を進めることができます。

不動産買取の相場は市場価格の60%【損しないためのポイントを解説】

不動産買取の相場は市場価格の60%ということを聞くと驚くかもしれません。しかしこれは不動産会社が買い叩いているわけではありません。この記事では、不動産買取が安くなってしまう理由と、買取で損しないためのポイントを解説します。不動産買取を検討されていればぜひご覧ください。

>>この記事を読む


不動産買取で気になることはやはり、買取価格だと思います。買取価格は査定によって決まりますが、一般的に市場価格の60~80%と言われています。この記事では買取査定の仕組みと、買い叩かれないためのポイントについて解説しています。
 

不動産買取の流れは6ステップです【必要書類と業者選びのポイントも解説】

不動産買取は、査定から売買契約の締結、入金までの日数が1週間から1ヶ月と仲介による売却に比べて非常に早いことが特徴です。この記事では、具体的にどのような流れで不動産買取は進むのか、そして、買取の査定業者を選ぶときのポイントについて解説します。これから不動産買取を考えられていれば、ぜひご一読ください。

>>この記事を読む


具体的な不動産買取の流れを解説しています。また不動産買取で必要な書類についても、買取を依頼する不動産の種類ごとにまとめているので、ご自身の不動産を買取依頼するときのチェックリストとしてもご活用いただけます。
 

【比較あり】不動産買取の手数料は無料【仕組みと税金を解説します】

不動産の売却を買取でするか、仲介でするか、費用の大きな違いは仲介手数料です。買取では仲介手数料がかかりません。またそのままの状態で売却もできるので、リフォーム費用などもかかりません。この記事では仲介と買取でかかる費用も比較しているので、費用の面でどちらにしようか考えていればぜひご覧ください。

>>この記事を読む


不動産買取では手数料が無料です。しかし手数料以外にかかる費用があります。そこでこの記事では具体的にどのような費用がかかるのかを解説しています。また費用の面で仲介による売却との比較表も載せていますので、参考にしてください。

不動産買取で「5つの事例」を公開【買取に向く不動産の特徴も解説】

不動産買取で仲介では売却が間に合わなかったり、売れにくかったりする物件がよく取引されています。この記事で具体的に買取されている不動産の事例を5つ紹介し、それぞれの事例で仲介ではなく買取となった経緯を紹介します。それらの事例から買取に向く不動産の特徴についても解説するのでぜひお読み下さい。

>>この記事を読む


実際に不動産買取が行われている事例を紹介します。買取を依頼した方がなぜそうしたのか、買取で売却してみての感想はどうだったのか、も合わせてこの記事では紹介しているので、状況に当てはめての参考になるはずです。

3.不動産買取の注意点:うまい話にはウラがある


不動産買取は、売り先を間違えると大損してしまう可能性もあります。うまい話にはウラがあると思って、不動産買取で気をつけたいポイントを下記の記事でまとめました。

不動産買取の売却で一括査定サイトはおすすめしない【理由を解説】

今、不動産を売却するときには一括査定サイトを利用して不動産会社を探す方が増えています。複数の会社から査定を受けられて比較ができるというのが一括査定サイトのメリットですが、不動産買取では利用をおすすめできません。なぜおすすめできないのかだけでなく、もし使うときのために、利用時の注意点も解説しました。ぜひお読み下さい。

>>この記事を読む


不動産買取では買取査定の価格がそのまま買取価格になります。そのため、複数の業者に依頼して一番高いところに依頼するのがセオリーではありますが、実は一括査定サイトはおすすめしません。一括査定サイトを利用するときの注意点についてまとめました。

不動産買取での2つの詐欺の手口【詐欺に合わない5つの対策も紹介】

不動産買取で詐欺に合わないためには、詐欺の手口を知ることが大切です。また不動産買取業者の中には、不動産を安く買い叩こうとするところもあります。この記事では不動産買取の代表的な2つの手口と、5つの対策を解説しました。不動産買取で後悔しないためにもぜひ一度お読み下さい。

>>この記事を読む


不動産買取はとても大きなお金が動く取引です。そのため、残念ながら詐欺の被害に合う方もいらっしゃいます。また不動産買取業者の中には詐欺ギリギリの手口で不当な利益を得ようとするところもあります。

この記事では具体的な不動産買取での詐欺の手口と対策ついて解説しています。詐欺は気づいてからお金を取り戻すことができる可能性はほとんどありません。ぜひ不動産買取を依頼する前にお読みください。

4.不動産買取での税金編:申告は漏れなく、忘れずに


不動産買取で売却したら、忘れてはならないのが税金の申告です。申告漏れがあるとペナルティとして追加で税金が加算されるので、しっかりと対応しましょう。

不動産買取で得た収入への税金は3種類【税額控除の特例4つも紹介】

不動産買取で得た収入は課税対象で納税義務があります。印紙税は契約書に記載された売却額で計算され、所得税と住民税は譲渡所得で計算されます。ただし条件によっては税額控除の特例を受けられることもあります。そこでこの記事では不動産買取にかかる税金と特例についてわかりやすく解説しました。

>>この記事を読む


不動産買取で避けられない話が税金です。買取によって得た収入は課税対象となります。この記事では、不動産買取による売却で得た所得に対する税金の種類と、それぞれの課税額の計算方法について解説しました。

また税額控除を受けられる4つの特例も紹介しています。適用できるものがあれば大きな節税につながるので必ずチェックしましょう。

【2018年】不動産買取で受け取った代金は消費税の対象外【例外あり】

個人が不動産買取によって売却したときに得る収入は消費税の課税対象外です。そのため消費税の納税義務も発生しません。しかし売却する不動産の種類によっては消費税の課税対象となるものもあります。この記事では不動産買取における収入と支出、それぞれの消費税の取扱について解説しました。どうぞご覧ください。

>>この記事を読む


不動産買取での売却とは、あなたが売主となって不動産会社に売却する売買取引です。通常の売買取引では、販売価格に対して消費税が課税されます。ですが原則、不動産買取で消費税の納税義務が発生することはあります。

ただし例外もあります。この記事では不動産買取で消費税の課税対象となる条件も解説しました。また不動産買取の費用全体で消費税の課税対象になるもの・ならないものも合わせてお伝えしています。

5.保険としての不動産買取:仲介による売却が難しい不動産も買取なら対応可能


立地が悪かったり、建物が老朽化していたり、事故物件だったりする不動産は通常の仲介による売却では買い手がつきにくいです。

そのような不動産でも買取であれば可能ということで、売主とっての保険としても利用されています。

不動産売却の買取保証があれば安心【相場・メリット・デメリット解説】

買取保証があれば、万が一不動産を仲介で売却できなかったとしても、期日までに決まった金額で買取されます。そのため資金計画も立てやすく、安心して買い替えができます。しかし、買取保証はメリットばかりではありません。この記事では買取保証のデメリットや注意点についても詳しく解説しているのでぜひご一読ください。

>>この記事を読む


不動産買取は仲介による売却の保険として活用されることがあります。それが不動産売却の買取保証と呼ばれるものです。

この記事では不動産買取保証サービスとはなにか、そのときの買取相場、買取保証サービスを利用するメリット・デメリットについて解説しました。これから不動産売却を進めるときに、買取保証サービスも検討していれば参考にしてください。

事故物件の買取は専門の不動産会社がおすすめ【高額売却のポイント】

事故物件は仲介よりも買取による売却が向いています。一般的に事故物件の買取価格は、市場価格の50%以下ですが、ポイントを押さえることでそれ以上の価格で売却することも可能です。これまで弊社が行ってきた事故物件の買取・買取サポートの経験を踏まえてわかりやすく解説します。

>>この記事を読む


事故物件は通常の不動産売却では買い手がつきにくいです。そのため不動産買取を選ぶことになりますが、買取相場は市場価格の50%以下になることもよくあります。

この記事では、そのような事故物件の買取でも高く売るためのポイントを3つ紹介しています。もし売却したい物件が事故物件であればぜひご覧ください。

6.断る不動産会社も多い借地権の買取


借地権は「土地を借りて利用する権利」のことで土地の上に存在する権利で、厳密には不動産ではありません。しかし、借地権は一般的な不動産と同じように買取によって売却することができます。

下記で紹介する記事は、借地権の買取で知っておきたいことについて解説したものです。

借地権の買取相場は存在しない【価格査定の仕組み/価格下落の理由】

借地権の価格には相場というものがありません。借地権を第三者に譲渡・売却するには地主さんの許可が必要だからです。地主さんとの契約内容やその他の条件で全然価格が違うこともよくあります。この記事では借地権の価格査定の考え方や、価格が下がる要因となるものについても解説していますので、ぜひご一読ください。

>>この記事を読む


借地権の買取はどの不動産会社に依頼するかで買取価格が大きく変わってきます。なぜなら借地権は地主との関係性・契約内容が大きく関係するもので、不動産会社の交渉力も重要になってくるからです。

そこでこの記事では借地権買取の基本として、価格査定の仕組みと大きく買取価格が下がる3つの原因について解説しています。また借地権の買取で高値売却するために知っていてほしいこともお伝えしました。

借地権の売却には地主の承諾と譲渡承諾料(名義書換料)が必要

「借地権を誰かに売却したい」借地権は、自己所有の建物を建てるために、地主から土地を借りる権利。財産権の1つであり、第三者に譲渡(売却)することが可能です。ただし、その際は、地主の承諾および譲渡承諾料(名義書換料)の支払いが必要となります。

>>この記事を読む


借地権は買取であっても、仲介による売却であっても地主の承諾が必要です。そして承諾と同時に譲渡承諾料も支払わなければなりません。

この記事では、地主から承諾を得るときの手順と、譲渡承諾料の相場、承諾がもらえないときの対応について解説しています。

【詳しい解説】借地権の買取時に発生する税金とは【種類と税額計算】

借地権を売却したときには、税金を納めなければならないことがあります。借地権の売却は、基本的には土地の売却と同じ取扱いです。この記事では、借地権を売却したときの課税対象となる金額の算出方法と、税額計算について解説しています。これから借地権を売却する予定があれば、売却後のことも考えて、ぜひご覧ください。

>>この記事を読む


借地権の買取も、他の不動産の買取と同じように買取によって得た所得には税金がかかります。このとき、通常の不動産の買取と異なるのは、取得費の部分です。借地権ならではのものがあります。

この記事では、借地権の買取時に発生する税金の種類と税額計算について解説しました。

7.相続で取得した不動産の買取について:注意点は4つ


相続で取得した不動産は、最初から自分で契約して取得した不動産とは扱いがことなります。そのままでは売却できないことも多いです。

不動産買取を依頼したときに慌てて準備しなくても大丈夫なように下記の記事を参考にしてください。

相続した不動産を「買取で売却するとき」の4つの注意点+取引の流れ

相続した不動産を買取するには、遺産分割協議書だけではなく相続登記が必要です。また小規模宅地の特例が相続時に適用された場合は、急いで売却すると却下されてしまう可能性もあるので注意が必要です。そこでこの記事では相続した不動産を買取で売却するときの4つの注意点について解説しました。

>>この記事を読む


ご自身が持っている不動産ではなく、親から相続によって取得した不動産を買取によって売却したいと思われる方も多いです。特に遠くに住んでいて使いみちもなく、管理も難しい場合です。

ですが、相続した不動産を買取によって売却するときには注意すべきポイントが4つあります。この記事では、不動産買取の注意点と、実際の買取までの流れについて解説しました。