• 2017-1-9

一人暮らし学生が選ぶ「部屋の間取り」とは?

これから、引越しシーズン本番。

大学・専門学校入学を機に一人暮らしをはじめる学生さんも多いのではないでしょうか?

大国町駅前に店舗を構える弊社でも多くの学生さんにお越しいただいております。

では、一人暮らしを始める学生さんは、「どのような間取りの部屋」を選ぶのでしょうか?

学生が選ぶ一人暮らし部屋の「間取り」

一人暮らしで選ばれる間取りは、「ワンルーム(1R)」「1K」「1DK」「1LDK」の4種類。

さらに、この中から学生さんが選ぶ間取りが、「ワンルーム」「1K」の2種類です。

まだ、収入がまともにない学生さんは、生活費を親の仕送りに頼るケースがほとんど。

そのため、親御さんの意向・家賃の兼ね合いで、できるだけ安い家賃の部屋を選ぶ傾向があります。

次の表を見れば分かる通り、「1DK」「1LDK」になると一気に家賃が上がってしまいます。

一人暮らし賃貸物件・間取り別の家賃相場一覧表(大阪市・大国町駅周辺)
間取り 家賃相場
ワンルーム 3~5万円
1K 3~7万円 
1DK 6.5~8万円 
1LDK 8万円~ 

そのため、比較的家賃の安い「ワンルーム」または「1K」が選ばれます。

「1K」の方が学生に人気

「ワンルーム」と「1K」では、ワンルームの方が家賃が若干安いにも関わらず、「1K」の方が多くの学生さんに選ばれています。

それは、なぜでしょうか?

それぞれの間取りの特徴から、理由を探ってみましょう。

ワンルーム

「部屋」と「キッチン」に仕切りがない間取りです。

1K

「部屋」と「キッチン」が”ドア”で仕切られている間取りです。

上記を見れば分かる通り、ワンルームは、キッチンと部屋が繋がっています。

そのため、ワンルームは、

  • 料理の臭いが居住スペースに充満する(自炊に向いていない)
  • 玄関から部屋が丸見えになる(※玄関と部屋が扉で仕切られていない場合)
  • 玄関から熱気・冷気が入ってくるため、エアコンの電気代が上がる(※玄関と部屋が扉で仕切られていない場合)

などのデメリットがあります。

自炊で食費を節約したり、光熱費を抑える場合は、ワンルームより「1K」の方がメリットが大きいといえます。

逆に「あまり自炊はしない」という方は、家賃の安いワンルームを選んだ方が良いかもしれません。

関連記事:ワンルームと1Kの違いは?ワンルームの間取りを選ぶ際の注意点

最後に

いかがでしたか?

他の学生さんが「どのような間取りを選んでいるのか」参考になったのではないでしょうか?

賃貸マンション・アパートに引越しするときは、敷金・礼金、仲介手数料、保険金、鍵交換代、クリーニング代、引越し代など、結構な初期費用が発生します。

そのため、一度、住み始めてしまったら、不満があったとしても、なかなか気軽に引っ越しできません。

これから、一人暮らしを始める予定の学生さんは、任せてもいいと思える不動産会社を探し出して、自分にベストな部屋を見つけてください。

【学生向け】大国町駅周辺で一人暮らしするなら、どのくらいの家賃が必要?シミュレーション

2017.01.12

運営会社について

当サイトは、なんば周辺でお部屋探しのお手伝いをして11年目になる地域密着型の不動産会社「株式会社大坂不動産事務所」が運営しています。

店舗は地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」徒歩2分。

他社・ポータルサイト掲載・複数物件まとめてご見学できます。

お陰様でなんば周辺で多くの実績があり、これまで累計11,890人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。

  • 安くて良い物件の選び方
  • 入居者さんの傾向
  • 物件の騒音リスク
  • ペットが飼える物件
  • 入居審査の通りやすさ
  • 周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
  • 生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)

など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

なんば周辺で賃貸マンション・アパートを探すならお任せください

地域に根づいて11年以上、地元のマンションオーナー様とも長く密な関係性を築いているため、家賃など好条件でご紹介できます。

営業時間 10:00~20:00 / 年中無休電話番号06-6630-3300

お問い合わせする

関連記事

Facebook Twitter Instagram
LINE@